The KW coilover suspension kit

ハイクオリティかつロングライフを実現するために



よくあるアフターパーツの車高調キットとは異なり、KWはヨーロッパの認証機関TÜVの関係上ネジ式を採用しています。これはより良い乗り心地と本来必要なストロークの長さを確保する為でもあります。(例外有り)
KW社の推奨する範囲内の車高であれば、ストロークが不足することはありませんし、多少プリロードが変化しても乗り心地に大きな影響を与えることはありません。







Continuous lowering/車高調整が容易

耐腐食性の高いステンレス製ストラットのフロント側は、特殊な台形のネジ山とポリアミド複合樹脂製のスプリングシートを採用しているため、ジャッキアップするだけでスプリングシートが回り、簡単に調整が可能です。長年の使用でも固着しにくく耐久性に優れます。




KW dampers and KW springs

スポーティなドライビングのための作られたユニット。 KWダンパーテクノロジーの特徴は、国際モータースポーツ用のサスペンションキットの開発における長年の経験や技術から、車両それぞれのダンパーのセットアップを実現しています。

KWサスペンションは、主にツインチューブ(複筒式)ダンパーが採用されています。 ツインチューブダンパーでは、インナーチューブとアウターチューブの2層構造で製造されます。






スプリングプレート

KWスプリングプレートは、ヘルパースプリングやメインスプリングを正しい位置に保持するだけでなく、スプリングの振動ノイズを最小限に抑えます。 車両のタイプと用途に応じて、KWは高品質のアルミニウム合金またはポリアミド複合樹脂のスプリングプレートを製造しています。 アルミニウム製でも錆びにくい複合材製でも、非常に軽量です。

ヘルパースプリング

ヘルパースプリングは、高品質のクロムシリコンスチールでできており、フラットな設計になっています。 スプリントシートを下げて車高を下げても、メインスプリングの性能を保ちます。 車両の重量がヘルパースプリングに掛かるとすぐに縮んでブロックのようになり、メインスプリングの性能に影響を及ぼしません。

ポリアミド中間リング

KWが使用する軽量のポリアミド複合樹脂で作られた中間リングは、スプリングを保持するだけでなく、スプリングの振動ノイズを最小限に抑えます。

ダストカバーと一体式のバンプラバー

ダストカバーは、水や汚れの粒子がピストンロッドシールに到達するのを防ぎます。

高強度メインスプリング

プログレッシブスプリングレート

プログレッシブスプリングは異なる強さのスプリング巻線で構成されます。力が作用すると、弱い巻線は最初に圧縮され、次に強い巻線が圧縮されます。同じ効果は、互いに重ねて配置された2つのスプリングを使用することでも得られます。

スプリングレートは、スプリングに作用する力(N)の量を示します。これにより、スプリングは1ミリ縮みます。簡単に説明すると、スプリングレートが高いほど、スプリングは硬くなり、スプリングを圧縮するためにより多くの力をスプリングに作用させる必要があります。

リニアスプリングレート

スプリングが直線的に巻かれている場合、力は圧縮行程に比例します。 スプリングレートが70ニュートン(N)/ mmの場合、70 Nがスプリングに掛かり1mm圧縮します。

スプリングシート

KWのスプリングシートは、ステンレススチールを耐久性の高いポリアミド複合樹脂で覆われて作られます。 ブレーキダストや砂粒などがポリアミド複合樹脂に接触しても腐食などは起きません。 保護されていないアルミニウムやスチールまたはステンレススチールのスレッドに金属のスプリングシートが直接触れると、酸化が発生し固着します。 最悪の場合車高の調整ができなくなります。 INOX-LINE(ステンレススチール)の耐久性のあるKWサスペンションと、ポリアミド複合樹脂のスプリングシートの組み合わせはこれらのリスクがありません。

ステンレススチール“inox-line”

KWサスペンションのケースは、高品質なステンレススチールで作られており、耐久性や寿命の長さに優れます。 すべての気象条件で、ステンレススチールのKWは100%耐腐食性があり、長寿命です。

KWの台形スレッドとポリアミド複合樹脂による車高調整機能は、長期間使用できるように設計されています。 塩水噴霧試験を実施し、KWに酸化はほとんど見られませんでした。したがって、数年後でもメンテナンスを怠らなければ車高調整は容易となります。




KW damping technology

KWダンピングテクノロジー:KWツインチューブダンパーの特徴 走行中にサスペンションが縮むと、軽く圧力のかかっていたオイルがピストンロッドが潜り込むことによって圧力が変化します。 オイルの流速を制御するコンプレッションバルブからアウターチューブに流れ込みます。 リバウンド中はアウターチューブからインナーチューブに戻ります。 オイルは、コンプレッションバルブに加えて、ピストンロッドのリバウンドバルブにも流れ、ピストンハウジングに入ります。

サスペンションキットのダンパーは、サスペンションスプリングの運動エネルギーを熱エネルギーに変換し、機能します。 コーナリング時、車両の内側ではリバウンド、外側はコンプレッションダンピングで機能します。







リバウンドダンピングは何に影響するか?

リバウンドダンピングは、ピストンロッドのリバウンドバルブ内部のスプリングの動作速度と、サスペンションスプリングのリバウンドに直接影響します。 したがって、サスペンションスプリングが元の位置に戻るスピードも決まります。 KW Verion2および3では、16クリック調整できます。

リバウンドバルブは、よりソフトなセットアップを出す為に開かれ、よりハードなセットアップのために閉じられます。 KWの調整可能なリバウンドバルブにより、車両の操作性と快適性に影響を与えることができます。